胃酸過多を抑える薬(処方薬)

病院で胃酸過多の診断を受けた場合は、食事指導やカウンセリング治療の他に薬物療法が行われることがほとんどです。治療に使用される処方薬にはいくつか種類があるので、それぞれの違いについて以下で詳しくご紹介します。

胃酸過多に処方される薬剤とは?

胃酸過多や逆流性食道炎に主に処方される薬剤には、次の4つのタイプがあります。胃酸分泌抑制剤のH2受容体拮抗剤(H2ブロッカー)やプロトンポンプ阻害薬(PPI)、粘膜保護薬、制酸剤です。以下でそれぞれについて詳しく見てみましょう。

胃酸分泌抑制剤:H2受容体拮抗剤(H2ブロッカー)

H2受容体拮抗剤(H2ブロッカー)は、胃酸分泌抑制剤です。胃の細胞壁にはH2受容体という組織があり、そのH2受容体にヒスタミンという物質が結び付くと胃酸が作られ、分泌されます。H2受容体拮抗剤(H2ブロッカー)は、ヒスタミンが結合することを阻害する働きがあるので、胃酸の分泌が抑制されるのです。

副作用としては下痢や便秘、食欲不振、口の渇き、発疹などがあります。H2受容体拮抗剤(H2ブロッカー)の代表的な薬名として、ガスターD、ザンタック、プロテカジン、アシノン、タガメットなどがあります。

胃酸分泌抑制剤:プロトンポンプ阻害薬(PPI)

H2受容体拮抗剤(H2ブロッカー)と同様、胃酸分泌抑制剤ですが、受容体拮抗剤(H2ブロッカー)よりも強力な胃酸分泌抑制作用があり、効き目も長持ちするとされています。受容体拮抗剤(H2ブロッカー)を使っても薬理作用の効果が期待できない場合には、これを用いると症状が改善されることがあります。胃の細胞壁には胃酸を産生し、分泌するプロトンポンプという組織がありますが、このプロトンポンプの機能を阻害することで、胃酸の産生と分泌を抑制します。逆流性食道炎が発症しているときだけではなく、その治癒後の再発時、あるいは再発防止のために利用されることもあります。

副作用としては発疹や肝障害などが挙げられますが、副作用は比較的少ないとされています。プロトンポンプ阻害薬(PPI)の代表的な薬名として、タケプロン、パリエット、オメプラール、ネキシウムなどがあります。

粘膜保護薬

粘膜保護薬には損傷した食道や胃の粘膜を保護し、胃酸による更なる刺激や損傷を防ぐ働きがあります。粘膜を保護することによって、炎症の早期回復も促します。

粘膜保護薬は薬理作用時間が短いため、H2受容体拮抗剤(H2ブロッカー)やプロトンポンプ阻害薬(PPI)などの胃酸分泌抑制剤と併用されます。粘膜保護薬の代表的な薬名として、ムコスタ、プロマック、セルベックス、ガスロンなどがあります。

制酸剤

制酸剤には、胃の中の胃酸や食道に逆流した胃酸を中和する働きがあります。食道や胃の粘膜の損傷を防いだり、胃酸過多などの症状を速やかに緩和する作用があります。粘膜保護薬と同じく、H2受容体拮抗剤(H2ブロッカー)やプロトンポンプ阻害薬(PPI)などの胃酸分泌抑制剤と併用されます。

副作用には、下痢や便秘などがあります。制酸剤の代表的な薬名として、炭酸水素ナトリウム、マグラックス、酸化マグネシウム、マルファなどがあります。

胃酸過多に処方される薬

病院で処方される胃酸過多の薬には、どんなものがあるのでしょうか?胃酸過多の治療には、まず胃酸分泌抑制剤が処方されます。その後、症状に合わせて粘膜保護薬や制酸剤などが処方されます。ここでは、胃酸過多に対して病院で処方される治療薬をご紹介します。

ガスター錠

ガスター錠はH2受容体拮抗剤(H2ブロッカー)に分類されます。胃酸を分泌させる化学物質にはヒスタミン、ガストリン、アセチルコリンがありますが、その中のヒスタミンがH2受容体と結合するのを阻害します。そうすることで、胃酸の産生と分泌が抑えられます。

主な副作用として、便秘、下痢、食欲不振、口の渇き、発疹などがあります。市販薬のガスター10と同様、ファモチジンという成分を含んでいますが、病院で処方されるガスター錠は10mgと20mgの2規格があります。ガスター10は一錠に10mg含まれたものだけです。

ムコスタ

ムコスタは粘膜保護薬です。胃の粘液を増やしたり、胃粘膜の血流を良くすることで、胃粘膜の胃酸に対する抵抗力を高め、胃炎や胃潰瘍の治りを促進します。H2受容体拮抗剤(H2ブロッカー)やプロトンポンプ阻害薬(PPI)などの胃酸分泌抑制剤と併用されることが多い薬です。副作用はあまりないとされていますが、下痢や便秘が起こることがあります。

ネキシウム

ネキシウムはプロトンポンプ阻害薬(PPI)で、この系統の薬は他のどの薬よりも胃酸分泌抑制作用が強いことがわかっています。難治性の潰瘍にも効果が高いことから、逆流性食道炎や胃潰瘍の治療の第一選択薬として使用されることが多くなりました。

胃壁の細胞にあるプロトンポンプには胃酸を分泌する作用がありますが、これと結合することで、胃酸分泌の作用を阻害します。ネキシウムは胃酸過多などの症状の緩和の他にも、再発を防ぐために服用が続けられることもあります。主な副作用として、下痢、頭痛、発疹、肝障害などがありますが、副作用は少ないとされています。

 
 ページの先頭に戻る