妊娠中の胸焼けは胃酸過多が原因だった?

妊娠中にはつわりなどの影響で、胸焼けやゲップや吐き気などが起こりやすくなりますが、場合によっては胃酸過多が原因で、それらの症状が起こっていることもあります。症状がつわりと非常に似ているので、原因の判断は難しいものです。ただ、胃酸過多が悪化して逆流性食道炎になってしまうケースもあるので、症状があまりにも長く続く場合は、医師に相談するようにしましょう。ここでは、妊娠中に胃酸過多が起こる原因や対処法について述べていきます。

妊娠中に胃酸過多が起こる原因

妊娠中には、胎児が育つ過程で起こる現象が原因で胃酸過多が起こるとされています。具体的にはホルモンバランスの変化や大きくなった子宮が胃を圧迫するなど、様々な原因によって引き起こされます。以下でそれらの原因を詳しく見てみましょう。

ホルモンバランスの変化

妊娠するとホルモンバランスが変化し、黄体ホルモン(プロゲステロン)が継続して分泌されている状態になります。黄体ホルモン(プロゲステロン)は、胎児が成長しやすくなるように子宮の筋肉を緩める働きがありますが、胃の入り口の弁(噴門)を緩めたり、胃腸の働きを抑制する作用もあります。すると、胃酸が逆流しやすくなり、胸焼けやゲップが起こりやすくなります。また、胃腸の働きが弱くなることで消化に時間がかかるようになり、胃酸の分泌が増えて、胃痛や胸焼け、吐き気などが起こることがあります。

食べづわりによる食べ過ぎ・刺激物の過剰摂取

食べづわりは空腹になると気持ちが悪くなるというタイプのつわりなので、頻繁に何かを食べるようになります。すると食べ過ぎになりやすく、胃酸の分泌も促進されてしまいます。また、食べづわりになると刺激物も過剰摂取してしまいやすいので、胃酸の分泌が増えます。このように妊娠中は食べづわりが原因で、胃酸過多になることもあります。

ストレス

妊娠中はつわりや体力的な負担などによって、ストレスが溜まりやすくなります。また、ホルモンバランスの変化により、ストレスを感じやすくなります。ストレスは自律神経のバランスを崩してしまうので、消化器官の働きにも悪影響が及び、胃酸も過剰に分泌されやすくなります。

胃酸過多になると胸焼けやゲップ、吐き気や胃痛などが起こり、さらにストレスを感じてしまいます。するとそのストレスがさらに自律神経のバランスを崩し、胃酸の分泌を増加させるという悪循環が起こります。

子宮による胃の圧迫

妊娠中期および後期になると子宮が大きくなることで胃が圧迫されるので、胃酸が食道に逆流しやすくなります。すると胸焼けやゲップなどが起こるほか、逆流性食道炎になる可能性もあります。

子宮による消化器官の圧迫は、胃が消化不良を起こす原因ともなり、消化に時間がかかるので胃酸の分泌が増加します。すると胃酸過多になりやすくなります。

妊娠中の胃酸過多の対処法

妊娠中に胃酸過多が起こることは妊娠に伴う生理的な現象なので、根本的に解消することはなかなか難しいと言えます。しかし、食事の内容や姿勢などに気をつけるだけで、症状をある程度緩和することができます。胃に負担がかからないような食生活を送り、胃を圧迫するような姿勢は避けなければなりません。しかし、これらの対処法を行っても日常生活に支障が出るほど症状がひどい場合は、かかりつけの産婦人科医に相談するようにしましょう。

食生活の改善

胃に消化の負担がかかると胃酸を大量に分泌してしまうので、少量ずつ食べられるように食事の回数を増やすことも一つの方法です。また、胃に刺激を与える香辛料や揚げ物、脂質や糖質の高い食品はなるべく避けるようにしましょう。また、食事中に水分をたくさん摂ると
お腹にガスが溜まりやすくなるので、食事中は水分を控え、食間に十分な水分を摂るようにしましょう。食べ過ぎや早食いを避けることは言うまでもありません。

姿勢を意識する

前かがみの姿勢になると消化器官を圧迫して胃酸が逆流しやすいので、普段から前かがみの姿勢は避けるようにしましょう。また、就寝時には上体をやや高くして寝ると、胃酸の逆流が起こりにくくなります。また、食後の2~3時間は胃の中の食べ物が逆流しやすいので、食べた後すぐに横になることは避けましょう。食後は座椅子やソファーなどに座って、クッションなどで傾斜をつけた姿勢で休むようにしましょう。
 

 ページの先頭に戻る