市販の胃薬は胃酸過多に効くか?

ドラッグストアや薬局などで販売されている市販の胃薬は、胃酸過多に効果があるのでしょうか?それとも病院で使用されている処方薬でないと効果は薄いのでしょうか?ここでは胃酸を抑える効果があるとされている市販薬をご紹介します。また、市販薬と処方薬の違いについても述べていきます。

市販の胃薬と処方薬の違いは?

市販されている胃薬の中には、本来は病院で使用されていたものも多くあります。例えば、ガスター10、アシノンZ、イノセアワンブロックなどには、医療用の胃薬と全く同じ成分が配合されています。しかし、市販薬は成分の配合が少なかったり、服用回数が少なく指定されていたりするので、医療用と同じ使い方をすることはできません。ただ、胃酸を強力に抑える効果が期待できることは確かです。

また、胃酸過多が原因の逆流性食道炎の治療によく使用されるプロトンポンプ阻害薬という胃酸抑制剤がありますが、市販薬はありません。

胃酸過多に効果のある市販薬

「胃酸過多だけれども病院に行くほどひどくはない」と感じている方に、薬局やドラッグストアで買える効果の高い市販薬をご紹介します。市販の胃薬には様々な種類があるので、どれを選んでいいのか迷っている方も多いと思います。胃薬は種類や服用のタイミングによっては効果が十分に出なかったり、かえって症状を悪化させたりする可能性があります。服用の注意点をよく読んで、自分に一番合ったものを選択することが大切です。

ガスター10

ガスター10は、第一三共ヘルスケアが製造販売している第1類医薬品で、H2ブロッカーという胃酸の分泌を強力にブロックする薬です。胃酸中和型の胃腸薬とは異なります。ガスター10は胃痛、胃もたれ、胸焼け、むかつきなどに有効で、胃粘膜の修復を促す働きもあります。

ガスター10は、薬剤師のいる薬局やドラッグストアでのみ購入が可能です。病院で処方されるガスター錠と成分は同じファモチジンですが、医療用の方は10mgと20mgの2規格があります。

ガストール細粒

ガストール細粒は、エスエス製薬が製造販売している第2類医薬品で、M1ブロッカーを配合しています。M1ブロッカーは胃酸分泌を元からブロックします。ガストール細粒には、出過ぎた胃酸の中和と胃粘膜を保護する作用もあります。胃痛、胸焼け、ゲップ、胃もたれ、むかつきなどの改善に大きな効果が期待できる胃薬です。飲みやすい細粒となっています。

パンシロンキュアSP

パンシロンキュアSPは、ロート製薬が販売している第2類医薬品です。胃酸の分泌を抑制し、過剰な胃酸を中和し、胃粘膜を保護・修復する作用があります。また、健胃生薬チンピ末が配合されており、弱った胃の働きを改善してくれます。胃痛、胸焼け、ゲップ、胃もたれ、胃重、吐き気などの症状の改善に効果が期待できます。
 

 ページの先頭に戻る