この症状って胃酸過多?

胃痛、胸焼け、ゲップ、胃もたれ、吐き気などの症状が出たときに、それらが単に一時的な胃の不調からきているのか、胃酸過多からきているのかは、すぐにはわかりにくいと思います。胃酸過多になると胃の中の酸度が必要以上に高くなり、様々な症状が現れます。まずは、胃酸過多の症状にはどのようなものがあるのかをよく知ることから始めましょう。

口臭

胃酸過多になると、胃酸が食道を上がって口まで逆流してくることがあります。その際に胃酸の酸っぱい臭いが口に充満し、口臭がきつくなることがあります。胃酸過多の口臭の特徴は酸っぱい臭いがすることで、他の原因による口臭と区別がつきやすいと言えます。

ゲップ

胃酸が過剰に分泌されると、食べ物が胃で消化される際に大量のガスが発生します。すると胃が張った状態になり、頻繁にゲップが出るようになります。

食道と胃の間には弁があり、通常は胃の中の空気やガスは逆流しないようになっているのですが、量が多過ぎると弁では支えきれなくなり、ゲップとして出てきます。

特に早食いをすると食べ物といっしょに空気が胃の中に入りやすく、ゲップが出やすくなります。

吐き気や嘔吐

胃酸過多になると胃液が食道に逆流しやすくなり、口の中になで胃酸が、食道から上がってきます。すると喉を圧迫して、吐き気や嘔吐が起こりやすくなります。吐き気はゲップをすることで一時的に治まることも多いですが、胃酸の分泌は胃の中で続いているので、またしばらくすると吐き気を感じるということの繰り返しになります。

食べ過ぎた後などは特に、嘔吐が起こることがあります。食べ過ぎた後や吐き気を感じているときに、乗り物に乗ったり、腹部を圧迫するような姿勢をとると嘔吐が起こりやすいので注意が必要です。

胸焼け

胃酸が出過ぎると、食道と胃をつなぐ筋肉が緩んで、食べた物や胃酸が逆流しやすくなります。胸焼けとは胃酸が食道に逆流したときに起こる症状で、胸が焼けるような感じや痛み、違和感が生じます。

胸焼けが起こると、胸からみぞおちまでの間に焼けつくような不快感を感じたり、胸を針でチクチク刺されるような痛みを感じたりします。

胃もたれ

胃もたれとは、胃から十二指腸へと食べ物がスムーズに移動せず、胃の中に溜まってしまっているために、胃がむかむかしたり、重く感じたりする症状です。胃酸過多になると胃の粘膜が荒れてしまい、消化機能に支障が生じて、胃もたれなどの症状が出ることがあります。

胃痛

胃酸が過剰に分泌され、胃の粘膜が傷ついて炎症が起こると、胃痛を感じることが多くなります。胃痛はみぞおち(左右の肋骨の間)に感じることが多く、空腹時などにキリキリと痛みます。

下痢

胃酸が多いと消化が良くなると思いがちですが、胃酸の過剰分泌は逆に胃粘膜を傷つけて、胃の働きを低下させてしまいます。それによって胃の中で消化不良が起こり、十分に消化されていない食べ物が腸に移動することで、腸においても消化不良が起こってしまいます。その結果、下痢が起こるのです。胃酸過多は消化不良を引き起こすことから、便秘になることもあります。
 

 ページの先頭に戻る