漢方の胃薬は胃酸過多に効くか?

漢方の胃薬も胃酸過多に効くと言えますが、そのアプローチ法が異なります。西洋医学では「胃酸の分泌を抑える」という直接的な効果を目指しますが、漢方では胃酸の分泌作用などに直接働きかけるのではなく、ストレスや冷えなどの原因を取り除くことで、胃腸の働きを正常な状態に戻していく方法が取られます。また、生まれつき胃腸が弱いという場合は、胃腸の機能を高めることによって、胃酸過多などの症状を改善していきます。

胃酸過多の治療に使われる漢方薬

胃酸過多の治療に使われる漢方薬には様々なものがあるので、自分の体質や症状に合った漢方薬を選ぶことが大切です。ここでは、胃酸過多の治療に主に使われる漢方薬についてご紹介します。

安中散(あんちゅうさん)

やせ型で腹部の筋力がなく、比較的体力が低下した方に多く用いられる漢方薬で、胃痛、胸焼け、吐き気、食欲不振などの改善のために使用されます。特に、胃酸過多による胃痛に対して効果の高い漢方薬です。また、ストレスを溜めやすい神経質な方にも適しており、ストレスによる胃の不快感、膨張感などにも使用されます。

黄連湯(おうれんとう)

胃に停滞感や重圧感があったり、食欲不振や腹痛、胸焼け、吐き気、口臭などで悩んでいる方に用いられます。虚弱体質の方には向いていませんので、体力を一つの目安にして選ぶようにしましょう。

甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)

甘草瀉心湯は胃腸が弱い方に適した漢方薬で、胸焼けやみぞおちのつかえ感などに特に効果があります。また、胸苦しさや不安感なども取り除いてくれるので、精神面でも効果が期待できます。その他にも、神経性の胃腸炎や激しい下痢などにも効果があり、胃腸全般の働きを改善してくれます。

六君子湯(りっくんしとう)

六君子湯はやせ型で顔色が悪く、疲れやすい方に向いている漢方薬です。胃腸の働きを良くし、水分の停滞を改善する作用があります。吐き気、胃もたれ、食欲不振、お腹のゴロゴロ、軟便などの症状に用いられます。

 
 ページの先頭に戻る