胃酸過多

最近ゲップが出やすい、胸焼けや吐き気がする、胃痛や口臭がひどくなってきた…という方は、胃酸過多の可能性があります。胃酸過多は慢性化したり、悪化したりすると胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎などの病気を引き起こす恐れもあります。
このサイトでは、胃酸過多についての情報をあらゆる方面からまとめてご紹介しています。ぜひご自分の症状について一度確認してみてください。そして、胃酸過多を解消し、一日も早く健康な毎日を取り戻しましょう。

胃酸過多とは?

胃酸の役割は胃の中を強力な酸性に保ち、食べ物の消化を行い、食べ物と同時に体内に入ってきた各種菌の殺菌を行うことです。胃はタンパク質でできていますが、粘液の薄いベールによって胃の粘膜は守られているので、胃自体が消化されてしまうことはありません。

胃酸は自律神経によって分泌がコントロールされており、本来は消化の際など必要なときにだけ分泌されるものです。しかし、ストレスなどが原因となって、胃の中に食べ物がないときでも分泌されることがあります。また、その他の何らかの原因によっても胃酸の分泌が過剰になると、胃の粘膜が粘液で防御しきれなくなり、損傷を受けてしまいます。するとゲップ、胸焼け、吐き気、胃痛、胃もたれ、食欲不振などの症状が現れるようになります。

このように、胃酸過多とは胃の中の胃酸が必要以上に分泌されてしまう状態で、様々な症状や病気の原因となります。

胃酸過多が起こる原因

胃酸過多は様々な原因によって引き起こされます。その主なものを以下で詳しく見ていきましょう。自分の胃酸過多の原因はどれになるのか確認してみてください。

ストレス
胃酸の分泌量や分泌のタイミングは、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスによってコントロールされています。ストレスは交感神経の働きを強めるので、それによって胃の血管が収縮し、胃酸の分泌量が減少します。ところが、自律神経のバランスを保つために副交感神経の働きも強められるので、胃のぜん動運動が活発になり、胃酸もたくさん分泌されるようになります。
過剰なガストリン分泌
ガストリンが過剰に分泌されると胃酸も過剰に分泌されるようになります。ガストリンは胃の出口にある幽門前庭部から分泌されるホルモンの一種で、胃酸や消化酵素を分泌する作用があります。また、ガストリンには血糖値を下げるインスリンの分泌を促進する働きもあります。

ガストリンが大量に分泌されるのは、消化機能が低下した際や、ピロリ菌の産生の原因となるアンモニアが発生した際にそれに対抗するためだと考えられています。

食生活の乱れ
食生活の乱れから胃酸過多が起こることもあります。例えば、カフェイン、アルコール、香辛料、脂肪や糖質の多いもの、レモンや酢などの酸っぱいものなどは、摂り過ぎると胃酸過多につながります。また、食べ過ぎや早食いなどの食習慣も胃酸過多を招きます。
喫煙
喫煙はストレスと同じように自律神経のバランスを崩します。喫煙によって交感神経が刺激されると胃の血流が悪くなり、消化機能が低下して、胃酸の分泌量が減少します。しかし、体はそれとバランスをとるために副交感神経の働きも強めるので、胃酸の分泌が増加します。また、消化機能が低下したことによって消化に時間がかかり、その結果胃酸が過剰に分泌されることにもなります。

タバコに含まれるニコチンは一部中枢神経を刺激して、胃酸を分泌させる働きもあるので、過度な喫煙は胃酸過多を招きます。

病気の症状
何らかの病気が原因で、胃酸過多の症状を引き起こしている場合もあります。主な病気には、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどがあります。胃酸過多が慢性化している場合は病気の疑いがありますので、病院で早めに診察を受けるようにしましょう。

関連リンク: 胃酸過多が起こる原因

胃酸過多によって起こる症状

過剰な胃酸が胃を刺激すると、胃のむかつきや胃痛などが起こります。また、食べ物が胃酸に反応することで、ゲップが出やすくなります。さらに、胃酸が逆流することで胸焼けが起こったり、胃酸の酸っぱい臭いが口まで上がってきて、口臭がひどくなることもあります。その他にも、大量の胃酸が喉まで上がってくると吐き気をもよおすこともあります。また、過剰な胃酸によって胃の粘膜が傷ついて、胃の消化機能が低下し、胃もたれや下痢、便秘を引き起こすこともあります。

関連リンク: この症状って胃酸過多?

胃酸過多から疑われる病気は?

胃酸過多から疑われる病気として、以下のようなものがあります。
・逆流性胃腸炎・逆流性食道炎
・胃潰瘍
・十二指腸潰瘍
・胃がん
・胃炎
・ゾリンジャー・エリソン症候群 など。
詳細については関連リンクをご参照ください。

関連リンク: 胃酸過多から疑われる病気は?

妊娠中の胃酸過多について

妊娠中に胃酸過多が起こる原因には、様々なものがあります。まず挙げられるのは、ホルモンバランスの変化です。妊娠中は黄体ホルモン(プロゲステロン)が継続して分泌されるようになり、その影響で胃の入り口の弁(噴門)が緩んだり、胃腸の働きが低下したりします。すると胃酸過多で胃痛や胃もたれが起こったり、胃酸が逆流してゲップや胸焼け、吐き気などが起こります。
食べづわりによる食べ過ぎや、刺激物の過剰摂取なども、胃酸の分泌を招きます。
妊娠中はつわりや体調不良、ホルモンバランスの変化などから、ストレスが溜まりやすくなります。ストレスは自律神経のバランスを崩し、胃酸過多を引き起こす原因となります。胃酸過多になると胸焼けや胃痛や吐き気などの不快な症状が出るので、さらにストレスが溜まって胃酸過多を引き起こすという悪循環にもつながります。

妊娠中期および後期になると子宮が大きくなり、胃を圧迫するので胃酸が食道に逆流しやすくなります。また、胃の消化不良も起こりやすく、消化に時間がかかると胃酸が過剰に分泌されます。

関連リンク: 妊娠中の胸焼けは胃酸過多が原因だった?

胃酸過多の対処法・応急処置まとめ

胃酸過多が起こってしまったときに、一時的に症状を改善する応急処置があります。根本的な対処法ではありませんが、咄嗟のときに役立つので覚えておきましょう。

胃酸過多を根本から改善するためには、食生活や生活習慣などの見直しが必要です。しかし、それだけでは症状が改善されない場合は薬物治療が必要ですので、早急に病院で受診するようにしましょう。

関連リンク: 胃酸過多の対処法・応急処置まとめ

自分でできる胃酸過多の対処法

自分でできる胃酸過多の対処法として、食生活の改善、ストレスを減らす、睡眠を十分にとる、ツボ押しやマッサージを行う、などが挙げられます。薬物治療を行う場合でも、以下の対処法を同時に行うことで、胃酸過多の早期改善が望めます。

食生活の改善
乱れた食生活は胃酸過多を引き起こすので、食生活の見直しをしましょう。胃酸過多を招く食べ物には、脂っこい食べ物、糖質の高い食べ物、カフェイン、アルコール、香辛料、炭酸飲料、酸味の強いものなどが挙げられます。また、喫煙の習慣も胃酸過多につながります。

食べ過ぎ、早食い、暴飲暴食、不規則な食事時間などの食習慣も胃に大きな負担をかけて、胃酸の分泌に異常をきたすことにつながります。

ストレスを減らす
胃酸の分泌は、ストレスなどの精神的な要因にも大きく左右されます。精神状態は自律神経のバランスに影響を与えるので、ストレスを減らすことは胃酸過多の改善につながります。

ストレスを溜めてしまった場合は、何らかの方法で発散することが大切です。普段から十分に休息をとったり、気分転換をしたり、音楽を聴いてリラックスしたり、趣味に打ち込んだりしてストレスを溜めないようにしましょう。日常的な運動も、ストレス解消と同時に体の抵抗力を高めることにもつながるのでおすすめです。

十分な睡眠をとる
十分な睡眠をとって自律神経のバランスを整えると、胃酸の分泌も正常に戻りやすくなります。また、睡眠中には胃の粘膜の再生・修復が行われるので、弱った胃の回復にもつながります。胃の粘膜が修復されて消化機能が回復すれば、胃酸過多の症状も改善されていきます。
ツボ押し、マッサージ
ツボ押しやマッサージを行うと、体に対してリラックス効果もあることから、自律神経のバランスが整いやすくなります。すると、胃酸の分泌も正常に行われるようになります。
詳しくは関連リンクをご参照ください。

関連リンク: 胃酸過多を抑えるツボとマッサージ方法

胸焼けや吐き気が辛いときの応急処置

胸焼けや吐き気が辛いときには、とにかく何とかしてこの症状を抑えたい…と感じるのではないでしょうか。そんなときに役立つ応急処置がありますのでご紹介します。

ガムを嚙む
唾液には胃酸を中和する働きがあるので、食後にガムを噛んで唾液の分泌を活発にすると胃酸が逆流してもそれを中和することができます。すると、胸焼けや吐き気の症状が治まりやすくなります。唾液によって食道を洗浄することにもなり、食道の粘膜を胃酸から守ることができます。
牛乳を飲む
牛乳を飲むと食道の内側に膜が張られ、胃酸が逆流してもその刺激から食道の粘膜が守られます。すると胸焼けなどの症状が改善されやすくなります。牛乳は食道の胃酸を洗い流すほか、アルカリ性の飲み物なので胃酸を中和してくれます。
姿勢に気をつける
胸焼けや吐き気が起こっているということは、胃酸が逆流しているということなので、前かがみの姿勢で胃を圧迫すると、胃酸が余計に逆流しやすくなります。日中はなるべく前かがみになることを避け、就寝時も上半身をやや高くすることで、胃酸の逆流を防げます。

病院で治療する

胃酸過多が悪化したり、慢性化したりした場合は、病院で早期治療を受けるようにしましょう。受診に適している科は胃腸内科や消化器内科ですが、それが無理な場合は内科で診察を受けましょう。

診察方法には、胃液検査、内視鏡検査(胃カメラ)、胃のX線(レントゲン)検査などがあります。胃液検査では、口か鼻から医療用チューブを胃まで挿入して、胃液を採集し、その酸度を調べます。内視鏡検査(胃カメラ)では、超小型カメラを口から胃まで入れて、胃の中の様子を観察します。X線(レントゲン)検査では、バリウムを飲んでから、胃のX線(レントゲン)撮影を行います。

病院で行われる治療法としては、薬物療法、食事指導、カウンセリング治療などがあります。胃酸過多の原因となる病気が発見された場合は、その治療も行われます。薬には、胃酸の分泌を抑制する薬、食道や胃の粘膜を守る薬、食道や胃の食べ物を送り出す運動を亢進させる薬などがあります。

関連リンク: ひどい胃痛や吐き気の原因は胃酸過多かも!病院で治療しよう

胃酸過多と食生活

胃酸過多の解消には、食生活の改善が必須です。胃酸過多を招く食べ物や飲み物を避けるようにしたり、胃の粘膜の保護や修復につながる食べ物や飲み物を摂るようにしなければなりません。また、食べ過ぎや早食いの習慣、不規則な食事時間などを改めることも大切です。

胃にやさしい食べ物・胃酸過多を悪化させてしまう食べ物

胃酸は食べ物の消化のために分泌されるものなので、消化が悪い食べ物や刺激のある食べ物を食べると過剰に分泌されやすくなります。胃にやさしく消化が良い食べ物として、キャベツ、ヨーグルト、大根おろし、豆腐などがあります。キャベツに含まれるビタミンUには、胃酸の過剰な分泌を適度に抑制、胃酸から胃壁を守るための粘膜の生成を促進、傷ついた粘膜の修復、などの働きがあるので、胃酸過多の方には特におすすめです。

胃酸過多を悪化させてしまう食べ物には、香辛料、酸味のある柑橘類や酢の物、ゴボウやレンコンなどの繊維の多いもの、脂肪分や糖分の多いものなどがあります。このように刺激のある食べ物や消化に時間がかかる食べ物は、胃酸の分泌を促進してしまうので避けるようにしましょう。

関連リンク: 胃にやさしい食べ物・胃酸過多を悪化させてしまう食べ物

胃酸過多と胸焼けを抑える飲み物

胃酸過多を抑える飲み物には。白湯、牛乳、豆乳、ハーブティーなどがあります。極端に熱いものや冷たいものではなく、常温か少し温かいものを飲み、一度にたくさん飲むのではなく少しずつ飲む方が効果的です。

反対にアルコールやカフェイン、炭酸飲料、酸味の強い飲み物などは、胃酸の分泌を促進してしまうので過剰に摂取しないようにしましょう。

関連リンク: 胃酸過多と胸焼けを抑える飲み物

胃酸過多の症状を漢方薬・薬で解消する

胃酸過多の症状は、漢方薬や薬で改善することができます。薬には大きく分けて漢方薬、市販薬、病院で処方される処方薬があります。

漢方薬

漢方薬は胃酸の分泌を直接抑えるというよりは、ストレスや冷えなどの原因を改善し、胃腸の働きを正常に戻すことで、胃酸過多の症状も総合的に治すというアプローチをとります。胃酸過多の治療に使われる漢方薬には様々なものがありますが、自分の体力や症状などによって使用すべき薬が変わるので注意しましょう。胃酸過多に効果のある代表的な漢方薬として、安中散(あんちゅうさん)、黄連湯(おうれんとう)、甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)、六君子湯(りっくんしとう)などがあります。
詳しくは関連リンクをご参照ください。

関連リンク: 漢方の胃薬は胃酸過多に効くか?

市販薬

もともとは病院で使用されていた処方薬が、市販薬として販売されるようになったものも多くあります。しかし、市販薬は処方薬と同じ成分が含まれていても、その含有量や服用回数が少ないという違いがあります。

胃酸過多を改善するための市販薬として、第一三共ヘルスケアのガスター10、エスエス製薬のガストール細粒、ロート製薬のパンシロンキュアSPなどがあります。
詳しくは関連リンクをご参照ください。

関連リンク: 市販の胃薬は胃酸過多に効くか?

処方薬

病院で胃酸過多の診断を受けたときには処方薬として、胃酸分泌抑制剤、粘膜保護薬、制酸剤などが処方されます。特に胃酸分泌抑制剤の効果が高く認められています。

処方薬で代表的なものには、胃酸分泌抑制剤のH2受容体拮抗剤(H2ブロッカー)であるガスター錠、胃酸分泌抑制剤のプロトンポンプ阻害薬(PPI)であるネキシウム、粘膜保護薬であるムコスタなどがあります。
詳しくは関連リンクをご参照ください。

関連リンク: 胃酸過多を抑える薬(処方薬)

 ページの先頭に戻る